日誌

日誌を更新しました
12345
2017/10/13

なべっこ大会を行いました

固定リンク | by:omono
 10月13日(金)、1・3年生による「なべっこ大会」を行いました。
 朝は天気が心配されましたが、徐々に回復し、さわやかな雰囲気の中で楽しくななべっこ大会が実施できました。
 各班、創意工夫を凝らした「鍋?」が勢揃いで、笑顔あふれる時間となりました。

 

15:19 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/10/12

修学旅行2日目

固定リンク | by:omono
 今日はまず広島平和公園に行き、原爆ドームや原爆資料館を見学しました。
原爆で亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、世界の平和を願い、黙祷をささげました。
 その後新幹線で京都に向かい、鹿苑寺金閣と清水寺を見学しました。
 今日の班日誌の中からC組益子佳緒里さんの感想を紹介します。

 「今回はあまり行く機会がない広島に行くことができました。昨日被爆者の方の話を聞いていたので、バスガイドさんの話がすらすら頭に入ってきました。ドームや石碑を見るだけですごく胸が苦しく なりました。二度とこのような過ちが起こらないことを願っています。京都は広島とは打って変わってすごく上品で昔ながらの建物がたくさんあり、とても衝撃的でした。また、テレビや教科書でしか見たことのない金閣寺や清水寺に行く機会があって良かったです。」

 
     原爆慰霊碑           みんなで黙祷


12:46 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/10/11

座禅と法話の会を実施しました

固定リンク | by:omono
 10月11日(水)の3年生のパスカルタイムは、香最寺住職国安大智様、松雲寺住職中村智信様、黄龍寺菊地大樹様を講師にお迎えし、座禅と法話の会を実施しました。
 初めての座禅という生徒も多く、大変貴重な体験となったようです。また、住職さんのお話に涙する生徒もいました。

〔生徒の感想〕
  • 初めての体験でした。とても貴重な体験ができました。座禅中は姿勢をよくすることを意識しました。30分も座禅していたことを終わってから聞き、もっと短いように感じたので驚きました。住職さんの法話を聞いて、命の大切さを改めて感じることができました。普段何気なく過ごしている日常も、一期一会だと思って、一瞬一瞬を大切にして生活していきたいと思いました。
  • 今日の講話はとても貴重な体験ができたと思います。普段聞こえない音がしっかり聞こえて、とても不思議な時間が流れていったので、またやってみたいと思いました。また、講話を聞いていて人としての優しさがあふれていると感じ、人との関わりも大切にされていてとても尊敬しました。一期一会のお話を聞いて、家族や友達、毎日会う人たちにも感謝して生活していきたいと思いました。そして日常を前よりも大切にしていこうと思いました。
 

19:14 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/10/11

修学旅行1日目

固定リンク | by:omono
 2年生は、11日(水)から14日(土)まで3泊4日の日程で、広島、京都、大阪に修学旅行に出発しました。
 1日目の今日は、北上駅から東北新幹線、東海道山陽新幹線を乗り継いで、広島に到着。現地は晴天。見学地は日本三景の一つ安芸の宮島・厳島神社でした。海に浮かぶ朱に塗られた神殿は荘厳な雰囲気を漂わせていました。
 宿泊先の広島市文化交流会館で、被爆体験証言者の飯田國男さんから被爆した時のお話や原爆の怖さについてのお話を伺いました。みんな真剣に聞き入っていました。明日12日(木)は原爆資料館等を見学し、京都に向か います。

 
    厳島神社にて           被爆体験講話

18:43 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/09/15

バス贈呈式・講演会を行いました

固定リンク | by:omono
 9月15日(金)、バス贈呈式と講演会が行われました。
 このたび、第一期生でイリソ電子工業株式会社の佐藤定雄様が、本校にバスを贈呈してくださいました。このバスは主に部活動の遠征なとで利用されます。特に利用する機会の多い男子バレーボール部の主将、田畑聡一郎さんは「私たちにとってバスは欠かせない存在。お気持ちに応えられるよう、練習や大会で精一杯頑張りたい」と語っています。
 また、佐藤様より講演もいただきました。佐藤様は「起業」という夢を諦めず、また、起業後もさまざまな困難にくじけることなく会社の運営に尽力され、昨年50周年を迎えられたそうです。佐藤様は困難なときに必ず助けてくれる方との出会いがあったことから、人との出会いを大切にしているともおっしゃっていました。生徒会長の後藤理久さんは、「私も佐藤様のように周りに感謝し、向上心やチャレンジ精神を忘れずに頑張っていきたい。また、期待に応えられるよう、雄物川高校の一層の発展に全校生徒で力を尽くしたい」と感謝の言葉を述べました。

 

 

08:26 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
12345

概念図 《雄物川高校が目指す教育の方向性を示しています》

具体的な目標 《具体的な目標計画を各側面から分析しています》

 

Copyright(C) Omonogawa High-school All Right Reserved.