この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。











雄物川高等学校

〒013-0205
秋田県横手市
雄物川町今宿字まみ袋125
TEL 0182-22-2103
FAX 0182-22-2104

 
アクセス総数887523
ホーム > 校長より 

校長より

 校長あいさつ
                                                            校長 清水 達也

 秋田県立雄物川高等学校ホームページをご覧いただきまして、ありがとうございます。

 本校は昭和26年9月、秋田県立沼館高等学校として産声を上げ、昭和50年に現在の校名に改称、今年度で創立69年を迎える伝統校です。霊峰鳥海山の優美なる姿を仰ぎ見つつ、本校で学び、巣立った卒業生は1万余名を数えます。地域はもちろん、国内外で活躍する人材を輩出してきました。

 本校では、生徒が将来、幸せな人生を送り、地域社会に貢献できる人材となることを重視しています。その実現のため、「パスカルタイム」と呼ばれる特色あるキャリア教育プログラムが展開されています。
 「コミュニケーション力」や「自己表現力」等を養うことをとおして、他者との関わりの中で自分自身に問いかけ、自分自身がかけがえのない大事な存在であるかということに気付き、生き方や考え方をよりよい方向に変えていくための学びです。県内のみならず県外からも高い評価を得ています。

 また学習面では「会計情報コース」「ビジネスコース」「生活福祉コース」「特別進学コース」の4つのコースを設置し、多様な進路希望に応えるとともに、生徒一人ひとりの学力向上を目指して、積極的に授業改善に取り組んでいます。

 本校の活力の源である各部や生徒会は、小規模校ながらも意欲的な活動が特色です。平成時代の幕開けとともに県内にその名を轟かせる男子バレーボール部の活躍は特筆すべきものであり、悲願の全国制覇に向けて日々研鑽を積んでいます。
 また、この10数年来県内高校を牽引してきた吹奏楽部、躍進めざましい陸上競技部。そして、地域との連携をテーマに小学校や商店街等多彩なコラボ事業を中心とする「雄高SmiRing~地域の“わ“づくりプロジェクトⅣ~」で、地域に笑顔の輪を広げている家庭クラブ。本校は、地域の方たちとつながりながら、スポーツ、文化の双方で元気と活力を分かち合って来ました。これからも地域の輪を大きく広げ、地域を支える人材を育てていきます。

 これまでも、そしてこれからも、地域とともに歩み、地域を支える人材づくりをめざして力を尽くしてまいります。皆様の変わらぬご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
                                                            (令和2年4月)

 

Copyright(C) Omonogawa High-school All Right Reserved.